FC2ブログ

道の駅グルメ中部編(89)・群馬県「尾瀬かたしな」尾瀬名水うどん

2019.10.28.19:38

こんにちは~

道の駅「尾瀬かたしな」には、
レストランが2つあります。
フードコート形式なので、
複数人で行けば両方利用することができます。

今日のお話はそのうちの1つ
「かたしな食堂」について。
尾瀬の湧水と県産の上州新粉で作った「尾瀬名水うどん」がメインです。
カレーや丼もあります。

今回食べたのは勿論名物の「尾瀬名水うどん」。
カフェテリアタイプで、自分の食べたいおかずを取って
最後にうどんを注文します。
IMG_2803.jpg

かけうどん(500円)と…
IMG_2805.jpg
野菜のかき揚げ(130円)、マイタケの天ぷら(150円)をチョイスしました。
IMG_2806.jpg
うどんは軟らかめ。
個人的にはコシがある方が好みです。
が、2種類の天ぷらがとても印象に残りました。
かき揚げのネギ・タマネギは甘いし
マイタケも絶品だし最高です!
さすが直売所でも美味しい野菜を売っている道の駅♪

麺は大盛り無料なので、
1玉で物足りない方は是非大盛りで。

セルフサービスのお水も片品の湧水なのが嬉しいです。
IMG_2809.jpg

※金額は消費税8%時のものです

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

道の駅グルメ中部編(88)・群馬県「尾瀬かたしな」野菜

2019.10.25.18:25

こんにちは~

このブログで、野菜についてレポートすることは滅多にありませんが
道の駅「尾瀬かたしな」は売り場も売っている物も素敵だったので
書いてみました。

旅行記「夏の終わりの「尾瀬かたしな」」でも書きましたが、
ここは野菜の試食が凄い!
色々味を見て、納得した上で購入することができます。

私が買ったのがこの2つ。
トウモロコシと枝豆です。
どちらも鮮度が命、収穫したその日に食べないと
坂を転がるように味が落ちて行くような食材です。
特にトウモロコシは「お湯を沸かしてから畑に獲りに行け」と
いう言葉を聞いたことがあるくらい…
IMG_2817.jpg

IMG_2819.jpg

more...

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

夏の終わりの「尾瀬かたしな」

2019.10.23.18:42

こんにちは~

今回は、昨年8月末に群馬県片品村の道の駅「尾瀬かたしな」に行った時の記録です。
長野から千葉へ転勤が決まり、
家から近いうちに・そして引越し準備が本格的に忙しくなる前にと
急いでこのタイミングで行きました。
IMG_2789.jpg
マークが「片品」を図案化した形になっていて素敵です。

8月末の尾瀬は丁度夏のシーズンが終わったばかり。
標高1400mくらいの所なので、
既にこの時季肌寒いくらいです。
道の駅の後で少し周辺をドライブしてみましたが、
夏にオープンするお店ももう店じまいしていて寂しい印象でした。

しかし!
道の駅はオールシーズンウェルカムです。

駐車場から駅舎へ向かう道。
歩道の両脇に植物が植えられて
訪れる人の目を和ませてくれます。
無機質な駐車場より嬉しい!
このアイデアと手間に感謝。
IMG_2816.jpg

more...

道の駅グルメ中部編(87)・長野県「大芝高原」ガレット

2019.10.21.18:25

こんにちは~

長野県南箕輪村にある道の駅「大芝高原」には、
道の駅では珍しいガレットのお店があります。
東京のガレット専門店「ル・ブルターニュ」プロデュースなのだとか。

IMG_2753.jpg
店内にはガレット発祥の地、フランス・ブルターニュ地方の特産品が
ずらりと並べられていましたが
道の駅なので私としては違和感がありました。
やっぱり地元の物を置いて欲しいような。
お店の雰囲気を損ないそうなら、
フランス風のパッケージの商品を開発するとか。

でも、この地域は信州そばの発祥の地と言われている
→そば粉→ガレットという発想は素敵だと思います。
蕎麦もいいですけど珍しくないので、
こだわって専門店に勝る味を出さないと
目玉にはなりませんから…

more...

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

道の駅グルメ中部編(86)・長野県「歌舞伎の里大鹿」塩畑

2019.10.18.09:31

こんにちは~

海に近い道の駅では、
地元の海水で作った塩を販売している所や
更には道の駅で作って販売している所もたまに見かけます。
でも、長野県大鹿村の道の駅「歌舞伎の里大鹿」は
山の中にも関わらず、地元の塩が売っていました。
じゃあ岩塩?と思いきや、そうでもなく
温泉の源泉から精製しているのです!
これは珍しい~
IMG_2758.jpg
1袋(40g)500円。

その製塩の歴史は明治中期から始まるのですが、
明治40年代から平成9年まで長きに渡って山鹿村の塩作りは
法律で禁じられていました。
そんな最近まで!w(*゚o゚*)w
どうやら塩の専売制が関係しているみたいですが…?
そんな幻の塩も今はめでたく復活し、
山鹿村の特産品となっています。

ぺろりとなめてみると、
最初に甘さがあってじわじわと後を引く旨味が広がっていきます。
普段使っている塩と違う!
何でも合うでしょうが、我が家では専ら豆腐にかけています。

今は殆どのものはネットで購入できる時代ですが、
この塩は今もなお、現地に行かなければ買えないそうです。
是非大鹿へ行ったらゲットしてください。
道の駅内にはジェラートショップがあるのですが、
ここでも大鹿の塩を使ったジェラートがあります。

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1114駅/1160駅

つぶやき
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索