FC2ブログ

ストップ温暖化「一村一品」大作戦

2009.11.12.18:49

こんにちはー!
「ストップ温暖化「一村一品」大作戦」という取り組みをご存知でしょうか。
環境省と都道府県地球温暖化防止活動推進センター、全国地球温暖化防止活動推進センターが行っている環境対策です。
年に1度都道府県ごとに優れた温暖化防止の取り組みを行っている代表を選出し、全国大会で一位を決めます。
一村一品というと普通は特産品なのですが、ここでは温暖化対策のこと。
それぞれの地域の特性を活かした対策案を持ち寄って、更なる温暖化対策を推進しようというのが狙いです。

2007年からの3ヵ年計画事業ということなので、もうすぐおしまい…?
良い試みだと思うので、これで終わるのではなく何かにつなげて行って欲しいですね。

ところで…
来年2月に行われるその全国大会の山口代表が先日決定しました。
代表は「周南市西部道の駅実証店舗運営協議会」。
以前この実証店舗についてはこちらでお話しました。
まだ正式には道の駅にはなっていない、いわば道の駅のタマゴ?
道の駅の運営の仕方について色々試験中なのだと思っていましたが、まさか環境対策まで行っているとは。

道の駅が地産地消の直売所としてだいぶ注目されるようになり、先日直売所甲子園で優勝したことは記憶に新しいです。
それにとどまらず、最近は防災拠点として整備を進めているという話もちらほら聞くようになってきました。
そして今度は環境問題…?
道の駅はまだまだ色んな可能性がありそうです(*^ ^*)

以下は詳しい記事です。
温暖化トメリンピック:周南・道の駅運営団体が大賞 全国大会へ /山口

地球温暖化防止の活動団体を表彰する「温暖化トメリンピック2009inやまぐち」(県地球温暖化防止活動推進センター主催)が31日、山口市内で開かれた。一次選考を通過した県内7団体が意見発表し、大賞に山芋のつる葉で緑のカーテンを作った「周南市西部道の駅実証店舗運営協議会」(酒井昭子会長)が選ばれた。同協議会は来年2月に県代表として全国大会に出場する。

 同協議会は、地元の農家など約200人で組織。周南市のJR戸田駅前にある道の駅実証店舗「とれたて市場・ゆーとぴあ」を運営している。活動は、施設の周りに地元特産の山芋のつるをはわせ、室内の温暖化を防止。収穫したむかごを小学校の給食に利用するなど、食育にも貢献していることが評価された。

 意見発表した会員の村田将弘さん(55)は「全国大会で周南特産の山芋をアピールしたい」と張り切っていた。
(毎日jpより転載)

theme : 道の駅
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1114駅/1160駅

つぶやき
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索