2009年GW中国地方と兵庫の旅旅行記(5)

2009.05.29.18:24

こんにちは~
旅行4日目続きです。

この日は本格的なGW初日ということで警戒していたのですが、これといった渋滞もなく道路状況は問題ありませんでした。
1度だけ高速IC付近でなかなか進まないことがあって、「みんな高速に乗る人達の渋滞か!?」と思ったら単に近くで工事の為の片側通行をやっていただけでした(゚ー゚;Aアセアセ
私が途中でナビをミスって遠回りしてしまい時間をロスしたものの、本日の・そして今回の旅最低限の目標である兵庫県コンプリートは達成されました。

従ってここで旅を終わらせて、私は次の旅の為に関西に残り運転手さんと車は九州へ戻ってもいいのですが…

今回はかなりスケジュールに余裕を持たせていましたが、順調に行ったので日数にはまだ余裕があります。
まだ中国地方で残っている「大山恵みの里」と「インフォメーションセンターかわもと」も埋めることにしました。
私は電車で移動すれば何とでもなります。

そんなわけで、一路西へと戻ることになりました。
夜には鳥取に着くでしょう。
鳥取といえば。
家で出発直前に見たテレビで、「世界砂像フェスティバル」というイベントの中継をやっていました。
幻想的な砂像の光景に、ちょっと行ってみたーい!とは思ってはいたのですが…
これはチャンス!!
せっかく通り道ですし、行ってみることにしました。

会場から少し離れた駐車場に泊めて、そこからは無料バスで5分ほど移動。
夜にも関わらず・いや夜だからか?(夜はライトアップされます)人がいっぱい!
画像 162
昼と夜はまた全く雰囲気が違うでしょうね~。
画像 163 画像 171
闇に浮かび上がる巨大な砂像たち。
細やかな細工。
何とも言えない幽玄の世界が広がっていました。
砂と何か薬剤を混ぜ合わせて作っているのかと思いきや、砂と水だけなんだそうです!@@
まさに職人芸。
完成後は、期間中もたせる為に有機性ののりで状態を保持しているとのことですが…
基本砂と水だけなので、終わった後は崩してもとの砂丘に戻されます。
エコですね!(*゚▽゚)

世界各国から集められた砂像作りの名人達が、自国の神話や昔話をモチーフとした作品を作っています。
会場を回って世界中のものを見比べてみると、欧米よりもアジア系の作品がやはりしっくり来るように思いました。
ヨーロッパのお城やドン・キホーテよりも、お釈迦様やインド神話の神様の方が砂像のテーマに相応しい。
そんな気がします。
砂というか、砂漠が身近にあるからでしょうか…?
ここにはなかったけれど、エジプト文明の作品もあれば似合いそう。

入場した時はそうでもありませんでしたが、見ているうちにどんどんどんどん寒くなってきて最後は風邪をひきそうになってしまいました><
海が近いから冷えるのかもしれませんね。
ゆっくり見るつもりが早めに退散。

theme : 国内旅行
genre : 旅行

comment

Secret

2009.05.29.19:49

順調に進んで「世界砂像フェスティバル」も見れれたんですね。

自分も以前吹き上げ浜の「砂の祭典」を見に行った時の事を思い出しました。

2009.05.30.20:39

吹き上げ浜のイベントもとても楽しそうですね!
写真を見てこういうの行きたいな~と思っていました。
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1065駅/1117駅

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索