気になるグルメ:「みはら神明の里」水軍焼 

2017, 02. 14 (Tue) 21:13

こんにちは~

広島県の瀬戸内海を望む道の駅「みはら神明の里」に、
先週土曜日から新メニューが登場しました。

戦国時代、三原に城を築いた小早川隆景。
彼が率いた水軍をイメージした「水軍焼」で、
料理人の熊谷喜八氏がアドバイザーとなってお手伝いしたそうです。
レストランやカフェの「KIHACHI」のオーナーさんですね。

「水軍焼」の定義は
・水軍をイメージし、浜辺の石で焼く
・メイン食材は地元ブランド鶏「みはら神明鶏」とする
・地元産の柑橘を使う
この3つ。
さっぱりとした味つけになりそうですね。

市内の他の飲食店でも「水軍焼」を出す予定のようですが、
道の駅制覇軍としてはやはり道の駅で食べてみたいです。

今のところ道の駅では土日各10食限定という狭き門なのでご注意ください。

詳しいニュースはこちら

コメント

コメントの投稿

非公開コメント