道の駅グルメ中部編(65)・愛知県「瀬戸しなの」窯垣の小径焼菓子

2016.02.18.21:26

こんにちは~

焼物の街、瀬戸にある道の駅「瀬戸しなの」で
瀬戸焼に因んだ、おしゃれなお菓子を見つけたので購入しました。

「窯垣の小径焼菓子」というクッキーの詰め合わせです。
DSC08111.jpg
中身はこんな感じで、丸と正方形、長方形の形のクッキーが入っています。
DSC08116.jpg
この形には意味があって、それぞれ陶磁器を焼く時に使う道具を表しています。

丸は「エンゴロ」、陶磁器を窯で焼成する時に保護する入れ物。
クッキーの味はモカ珈琲で、地元のコーヒー専門店のモカ珈琲を使っています。
コーヒー味は強いかと思いきや、
一緒に入っているヘーゼルナッツの風味も非常に豊かで負けていません。

正方形は「タナイタ」、窯の中で効率よく陶磁器を並べる為の素焼きの板のこと。
クッキーの味は米粉で、地元の老舗のお米屋さんの米粉を使っています。
これは見ないで食べたら何の味かはわかりませんでした…さすがに。

長方形は「ツク」、「タナイタ」を支える円柱形の柱のこと。
クッキーの味は抹茶で、愛知県のお茶どころ西尾市の抹茶を使っています。
抹茶のほろ苦さがよく出ていて、お茶好きも納得の味です。
周囲にまぶしてあるのはけしの実です。

どれも甘くないので、ついつい手が伸びてしまいます。
簡単な包装で1段入りが540円、
小箱の2段入りが1080円です。
自分用にもお土産用にもオススメです。


商品名の「窯垣の小径」は、
実は同市にある瀬戸焼の資料館と同名です。
かつて窯元だった所を改修した建物で、
このお菓子がここの石垣をイメージして作ったことがよくわかります。
古くなって使えなくなった「エンゴロ」などの道具は、
窯の里でこうして再利用されたそうです。
↓お菓子の包装紙に掲載されている写真です。
DSC08114.jpg

初めて瀬戸市を訪れた人にも、
行ってなくてお土産にこれをもらった人にも、
瀬戸のことを1つでも知ってもらえるお菓子。
地元を大事にしている商品だなあと思いました。

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1065駅/1117駅

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索