2015年GW紀の国・中部地方の旅(8)

2015.10.05.20:15

こんにちは~

朝一番に護摩壇山の道の駅を訪問した後は
いよいよ本日のメインイベント、高野山!
今年は丁度開創1200年ということで
国内外からたくさんの観光客や
白装束に身を包んだお参りの方が訪れていました。

一度この地を訪れたことはあったのですが、
通過しただけだったので
何かお寺がいっぱいあるなーという印象くらいで
よくわかっていなかったのですが…

今回、車を止めて自分の足で歩いてみると
日本でもそう体験できない独特の雰囲気の町でした。
くねくねと曲がる急な山道を登っていくと現れる
標高800mの宗教都市。
そんな言葉がぴったりです。
単に山の上にお寺があるだけではなく、
土産物のお店は勿論
学校・銀行・郵便局・一般の商店街・会社などが並んでおり、
その中に塔頭が点在していて
1つの町を形成しています。
でも色んな宗派の色んなお寺が存在する京都とはまたどこか違った雰囲気。
真言宗という1つの宗派の総本山を中心に成り立った町だからでしょうか。

そして印象的だったのは…
町並みがものすごくきれい!
あれだけたくさんの人が訪れているのに、
塵ひとつ落ちていませんし
メインストリートの脇を流れる川もとてもきれいです。
雰囲気もとても落ち着いていてやはり普通の観光地とは違います。
DSC07777.jpg
事前に高野山参拝ツアー経験者のアドバイスをいただいて、
まず最初に「奥の院」と呼ばれる所へ向かいました。
結果として、最初にここに行ってみて良かったです。

というのも、ここは
鬱蒼と木々が茂る道が奥の院までまっすぐ
延々2km続いています。
往復で4km。
砂利道もあり結構疲れます。
多分色々見た後でここへ行ったら、
かなり体力的にきつそうです。
しかもこれは「一の橋」と言われる入口からの距離であって、
駐車場から歩いた距離を考えるともっと歩かなければいけませんし。

まず最初にここへ向かった私も、
途中で折悪く体調が悪くなり
薬を飲みたかったのですがその為の水も手に入らず(><)
かなり進んだ地点で、引き返すのもきついので
自分を励ましながらゆっくりゆっくり歩き
何とか奥までたどりつきました。

この道は両脇にずらっとお墓が並んでいるので
意識が朦朧としている中やっとのことで一歩ずつ進んでいると
何だかこの世の場所とは思えないような
そんな所を歩く修行のように思えてきました。

奥の院へはしっかりと体力がある最初のうちに行くこと。
そして途中で自販機がないので
飲み物を持って行くことをおすすめします。
でも道中の道は神秘的ですし、
奥の院も弘法大師様が眠っておられる聖地なので
歩ける方は行く価値があると思います。
足に自信のない方はバスでショートカットもできます。
私も帰りは早く飲み物が欲しかったのでバスを利用しました。

上に書いた途中の道にあるお墓ですが、そこに記されている名前が凄い!
織田信長、豊臣家、徳川家、武田家、島津家、毛利家…などなど。
勿論本物のお墓ではなく、墓標というのが正しいのですが。
他にも近年のだと大企業の従業員の慰霊碑や
東日本大震災の慰霊碑もありました。

本当に、この場所は神秘的で美しく、墓碑という性質上悲しくもある何とも言えない場所でした。
まさに聖地。
で、こんなに素敵な場所なのに
体調不良なこともあり写真が全然撮れていませんでした…(><)すみません。
是非「高野山 奥の院」などで検索してみてください。

↓壇上伽藍(弘法大師が一番最初に整備を手掛けた所)。
DSC07779.jpg
DSC07781.jpg

theme : 道の駅
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1065駅/1117駅

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索