2013年夏休みちのく旅行記(21)

2014.04.17.20:09

こんにちは~

旅行記6日目続きです。
福島に行って、震災は2年(訪問時)経った今でも過去に起こった出来事ではない、
今も続いているのだということをまざまざと思い知らされました。

頭で判っているのと、この目で見て感じるのはまた別だなぁ…

「南相馬」で、焼き物を買いました。
地元の陶芸家の方の作品ですが、
被災後は群馬県に移り住んでいるそうです。
DSC06950.jpg
やさしい色合いが気に入りました。
手描きなので1皿1皿デザインや動物の顔が微妙に違います。
選ぶのに時間がかかりました…それが楽しいのですが。
普段の食卓で活躍しています。

そしてこの日最後に訪れたのが「よつくら港」。
目の前には全く遮るもののない雄大な海水浴場が広がり、
その海水浴場には同じいわき市にある観光名所「スパリゾートハワイアンズ」に因んで
ヤシの木が植えてある…
東北なのに、南国の香りがするちょっと不思議な道の駅。
DSC06287.jpg
しかし海のすぐ傍だからこそ、津波で破壊されてしまいました。
オープンから1年も経たない時期に…

しかし2012年に建物をリニューアルして復活!
前の姿を私は見ることができませんでしたが、
この報せは本当に嬉しかったです。
そして今回、遂に「よつくら港」訪問が叶いました。
新しい駅に来たら必ず撮る記念写真も感無量。

でも、ちょっと想像していた様子と違いました。

夏休み真っ只中だし、もっと人が集まっているかと思いました。
いくら物産館は終了した時間だとは言え、
色んなお店が集まっている2階のフードコートはまだまだ営業中です。
海水浴場でキャンプをしている若者達の1グループと、
後は道の駅内をぶらぶらしている人3名程しか会いませんでした。
15日なので皆実家でご先祖様をお迎えしているのだと思いたい…


パッと見た感じでは、もう震災の跡はなく何もかもきれいになっているように見えます。
でも周辺を歩いてみると、すぐにあの悪魔のような津波の痕跡が次々と目に入ってきました。

↓駅のすぐそこで防潮堤の工事が行われています。海沿いを走っていると、あちこちでこのような光景を見ました。
DSC06289.jpg
↓ごく普通に、ずっとそこにあったかのように地面に転がっているのは津波で根本からなぎ倒された街灯。
DSC06291.jpg
↓おもちゃが散らかって置かれているかのように漁船の山が積み重なっています。
DSC06292.jpg
↓遊歩道も整備中。まだ少し危険な状態です。
DSC06293.jpg
↓「よつくら港」の柱には人々の想いが刻まれていました。
DSC06283.jpg
2013mitinoku21.jpg

theme : 国内旅行
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1065駅/1134駅

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索