2013年夏休みちのく旅行記(1)

2013.09.24.17:28

こんにちは~

今日から夏休みの旅行記を書いていきたいと思います。
お付き合いいただければ幸いです<(_ _)>


今回の旅のターゲットは、東北の未踏破道の駅を攻略すること。
主には岩手の内陸部と、福島県全域、そしてあとは点在する新規道の駅です。
福島は「ならは」のある地域が避難指示解除準備区域であるという現状で、今のところ閉鎖中…
こればかりはいち早く再開されることを願って(しかし最近のニュースを見てもため息が出るばかりです)、
今回は諦めるより他はありません。


さて、今回は福岡から新潟へ一気に飛行機で飛びます。
朝早い便の為、福岡で前泊しました。

今回泊まったのが「ホテルアクティブ!」。
大体道の駅の旅ではビジネスホテルを利用しますが
ビジネスホテル同士というものは、大きな違いはないものです。
ハード面もソフト面も必要最低限のシンプルなサービスというか…
旅館や高級ホテルだとあの内装が素晴らしかった、料理が豪華だった等それぞれあると思いますが。
なのでホテルについては殆ど記載しないのですが、
この「!」マークが印象的な名前の「ホテルアクティブ!」はちょっと書きたくなってしまいました。


まず、内装がおしゃれです。
ロビーに入った途端に「おおっ」と思いました。
落ち着いた色調のデザイナーズホテルのよう。
客室も同様で…
しかも、博多駅から徒歩5分程度の立地なのにホテルとしてはゆったり!
道の駅の旅は9日程と海外旅行並になるので、スーツケース必須なのですが
都会でビジネスホテルに泊まると部屋内の通路をスーツケースで塞いでしまう事が多いです。
でもここはゆっくり広げられるし、しかも広い書き物用デスクもあるゆとりまで。
それに、1つ1つの備品がまたおしゃれでした。

客室の中で一番印象的だったのは、植物が置いてあること。
これはホテルの客室というものに絶対必要ではありませんし、
このクラスのホテルであれば造花であっても文句は言われないでしょう。
でも本物の植物が飾られているのです。
そこは簡単にお世話できて、日光もそれ程必要ないサボテンという
ホテル側にとっても手間がかからず、
お客さんにとっても癒される。
非常に合理的です。
余計にサービスし過ぎず(コストが抑えられる)、でもかゆい所に手が届いている。
このサボテンがこのホテル全体を象徴していると言えます。
本当に本物の植物があるとないとでは、部屋の雰囲気はがらっと変わりますからこれは嬉しかったです。
部屋の雰囲気もさる事ながら、ベッドにもこだわっていて快適。体が痛くならない!
就寝までゆっくりとこの部屋で寛げて、明日からの戦争(?)の為の英気を養うことができました。

もう1つ嬉しいのは、ここが人工温泉の大浴場付きということ。
間接照明の落ち着いた空間の中で、
気持ち良く入ることができました。
一応部屋にもユニットバスはありますが、特に理由がなければ大浴場がおすすめ♪

とホテルを満喫して0日目は終わりました。

theme : 道の駅
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1065駅/1117駅

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索