FC2ブログ

2006年東北旅行記(10)

2006.10.27.17:45

こんにちは!
夏の旅行記もようやく終わりを迎えます。
地図は
山形県の地図http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/yamagata/index.html
宮城県の地図http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/miyagi/index.html
新潟県の地図http://www.hrr.mlit.go.jp/road/miti_eki/frontmap_folder/frontmap.html
をご参照ください。
旅行9日目、道の駅巡り8日目はのんびりスタート。
1つ目の駅「いいで」には11時半頃着きました。ここは米沢牛の基となった飯豊牛のレストランやお肉屋さんが並んでいます。お、美味しそう!でも狙っていたコロッケ屋さんが見つからなくて断念。帰ってから調べてみたら外の小屋でやってるんですって…?この駅、結構広いから見つけきれませんでした。この道の駅、お肉屋さんまであります。いいなぁ。
山形県は果物がとんでもなく安いです!道の駅だから余計そうなのかもしれませんが…。ここでは桃が4個で380円とか、ぶどうが山盛りで500円とか。ものすごーく買って帰りたかったけど、真夏なので断念しました。
代わりに「こくわワインソフト」がひと目見てかなり気になったので食べました。くーっ大人の味!(>▽<)

次の駅の「白い森おぐに」から目と鼻の先に新潟県の「関川」という駅があったのでついでにこちらも訪問。
1つの地域のスタンプラリー中に、突然別の地域に入るのって国境を越えた気分でどきどきするのは私だけでしょうか?同じ道の駅のはずなのに、設備や雰囲気が全然違うんです。
「田沢」ではざるそばを食べました。この辺り、米沢周辺はそばも名物なんですね。

「たかはた」では、丁度生産者の方が枝豆を納入しに来ていて、ほいほいと勢いよく試食を勧められて食べてみるととっても美味しかったので買って帰りました。

「七ヶ宿」が今回の旅の最終駅。
着いた時には、目の前のダムで丁度この日最後の噴水が上がっていました。見事な眺めです。
ここでスタンプラリーを応募しました。レジにしか駅員の方がいらっしゃらなかったので、邪魔ではありましたが仕方なくそこでスタンプブックのチェックをお願いしました(スタラリに応募する時はスタンプの数をスタッフに確認してもらわなければいけないのです)。
88駅もあった為、それはもう大変。レジなので、駅員さんが数えている途中で別のお客さんが話しかけてきて、いくつまで数えたかわからなくなる…なんてハプニングも。
お世話になりましたm(__)m

仙台市内に戻ってきたのは丁度晩御飯時。
9日間長旅に付き合ってくれたレンタカーを返して、初日に行った牛タン屋「利久」
(詳しい感想はこちらhttp://gourmetbetudoutai.blog50.fc2.com/blog-entry-7.html)と
ずんだもち「ずんだ茶寮」
(詳しい感想はこちらhttp://gourmetbetudoutai.blog50.fc2.com/blog-entry-8.html
をハシゴしました。そろそろまた食べたくなってきた頃だったんです。

泊まったホテルはオープンし立てだったせいで、温泉大浴場がまだ工事中で男女交代制でした。部屋にもシャワーが付いているけど、意地でも温泉に入りたかったので2時頃まで粘り、入浴。でも待った甲斐があり、大きくて綺麗な温泉を1人占めできて最高の気分でした♪
その代わり…翌朝は朝1番の飛行機の為、2時間ほどしか寝られず…かなり気持ち悪くなりました(ーー;)

お昼前に福岡に着いたものの、寝不足の体で重い荷物を引きずって食事をする所を探す元気もなく、駅で駅弁「かしわめし」を買って高速バスに乗り込みました。かしわめし、久し振りに食べたけどやっぱり最高!感想はこちらですhttp://gourmetbetudoutai.blog50.fc2.com/blog-entry-9.html
そんなこんなで夕方に無事に家にたどり着きました。

10日間の東北の旅は本当に美味しいものだらけでした。
北に行けば行くほど地元の人達の言葉がわからなくて(本気で外国からの旅行者だな…と思ったことが何度もあるくらい)、遠くへ来たなぁと旅情に浸ることができたのも良かったです。
最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。次はどこへ行こうかなぁ~。

theme : 道の駅
genre : 旅行

comment

Secret

お疲れさまでした~

2006.10.27.20:10

東北を満喫してくれて、仙台人としてとっても嬉しいです。
東北弁、難しいですよね…
私もお年を召した方の言葉は今でも分かりません(笑)
ましてや県外の言葉は尚更です
津軽は日本じゃないのかも…(失礼ww
全国を回られて、その土地土地でいろんな体験をされて楽しそうです。
これからも、うんと期待してま~す

道の駅巡りはメーテルの旅

2006.10.27.22:04

長旅とレポートお疲れさま。
我々の道の駅巡りは、十年前の、しちのへ、から始まり、今年の夏、あいお、で一つの区切りを迎えました。そこで見つけたものは、「粒ウニの佃煮」! おぉ、これは、なんと言う奇遇でしょうか!?
そこで、四天王は、「長旅の終わりなのに、せつない、寂しい思いがないよね。」と言った。
確かに、道の駅巡りは、銀河鉄道999のようなところがあるけど、新駅のおかげで、終着駅がなく、切ない思いをすることはないんです。
言ってみれば、道の駅巡りは、終わりのない「メーテルの旅」。
どこかの駅で、もう一人のメーテルと鉄郎に巡り合えるといいですね。
ではでは。

やっぱり?

2006.10.28.20:24

本当に10日間の長旅てしたね。
ずっと運転された方の苦労が身にしみて判ります。
自分の場合、一人で運転して、駅で散策して、スタンプ押して、写真撮って、息子の相手して、etc・・・。
でも、日常の慌ただしさを忘れての道の駅めぐりは、ストレス発散かな?
駅によって違う魅力もその1つでしょうか?
でもさすがもるもるさんですね!
「次はどこへ行こうかなぁ~。」
って言葉が最後にでましたね!
(もしかしたら、自分も????)
皆さん「道の駅」が好きなんですね!


2006.10.30.16:41

>けやきさん
けやきさんには色んな美味しいお店を教えていただきまして、本当にお世話になりましたm(__)m

旅先で聞くその土地の方言って、聞くととっても嬉しくなります。ここまで来たんだな…って。
青森の温泉や道の駅で聞いたご年配の方々の言葉には予想以上に驚かされました。大抵「あーかなりなまってる方言だな」って思うのにこの地域は日本語と気付くのにしばらくかかりましたもの。聞いていて楽しかったです。
方言万歳!

>いちごに大好きさん
いつもコメントありがとうございます。
「一つの区切り」とは、新駅以外の全国制覇ということでしょうか?おめでとうございます!!!
やはりいちごにさんはウニに縁があるんでしょうね。ハンドルネームもぴったりです。

道の駅巡りを銀河鉄道の旅に例えるとは、うまい!確かに、現在のところは終わりがない旅ですね。それも魅力だと思います。

>ヨッシーさん
本当に、運転手さんにはいつも大変な苦労をかけてます~。ヨッシーさんは1人で全部されているんですね!?息子さんがもう少し大きくなったら写真とスタンプ係は任せられるようになるかな?

「次はどこへ行こうかなぁ~。」
思わず本音がぽろっと出てしまいました♪ヨッシーさんも、しばらく旅をしていなかったらそう思うのでは?
また新駅も増えていきますから、行きたい所は尽きません。
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1114駅/1160駅

つぶやき
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索