FC2ブログ

2010年夏の沖縄旅行記(5)

2011.04.18.17:59

こんにちは。

沖縄旅行2日目続きです。
宮古島をざっと一周し、展望台で景色を楽しんだ後は町の中心部をぶらぶらしました。
丁度夏祭りの日だったようで、出店があったり歩行者天国になっていたりして賑やかでした。
それらを見ながら向かった先は…
DSC00649.jpg
宮古そば屋さんの「古謝(こじゃ)本店」。
創業昭和7年の老舗です。
かなり有名なお店で食事時となればかなり混み合うようですが、15時半という変な時間に入った為お客は私達だけでした。
ラッキー。
まだ昼食からあまり時間が離れていないので、お腹は空いていませんが
宮古そばは沖縄そばとはまた違うようなので島を発つまでに食べておかねば、と立ち寄りました。

ここの看板メニューは「うやきそば」。
「うやき」とは宮古島の言葉で「お金持ち」の意味だとか。
お金持ちそば。すごい名前です。
これを相棒が注文。
運ばれて来たものを見て圧倒されました。
DSC00651.jpg
豚の三枚肉、ソーキ(軟骨付あばら肉)、てびち(豚足)がどーんと乗った贅沢な一品です。
気になるお値段はと言うと…
800円。
安っ!

軟骨や豚足が苦手な私は、麺だけのにしようとただの「そば」(小)を注文しました。
ところがところが…来たのは豚の厚みのある三枚肉と練り物がどっかりと乗っている麺。
…オーダーミス?
と思いつつも、まあそれならそれでいいやといただきました。
DSC00652.jpg
このお肉は赤身で、肉の脂が駄目な私でもたいへん美味しく食べられました。
豊かな海に囲まれている所なので、練り物の美味しさは言うまでもなし。
だしがまた…上品で美味しい!
かつおだしがベースの薄味です。
気がつくとどんどん飲んでいました。

難点は麺がパサパサしていること。
このお店がどうこうと言うよりも、翌朝ホテルで出た沖縄そばを食べてみたところやっぱり同じような感じを受けたので沖縄・宮古のそばがこういう食べ物なのだと思います。
沖縄そばが大好きな人もいるし、相棒も満足していたので好みの問題かと。

私はこのお店で初めて、「コーレーグス」体験をしました。
「コーレーグス」とは、沖縄の辛み調味料。
泡盛に島とうがらしを漬けて辛み成分を抽出しています。
一味唐辛子感覚で麺類にかけたり、あとチャンプルー等に辛みを出したい時にかけたりしても良いようです。
相棒から是非一度食べてみてとこの旅行中に何度も話に聞いていたのですが…
やっぱりそば屋さんなのでここのお店にありました。
しかも自家製。
梅酒を漬けるような大きな容器で漬けていました。
DSC00653.jpg
ひと通り上品なだしを味わった後、投入。
味ががらっと変わりました。
かなり辛いけど…美味しい!
泡盛の独特の香りが湯気と共にふわっと立ち上ってきて、それがまた何とも言えず良いです。

そうそう、オーダーミスでは?と思った私の「そば」(小)ですが
お会計の時値段をこっそりチェックしたらやっぱりただの「そば」の値段、500円でした。
こんなに具がたっぷりで!?と驚きました。
「そば」しか書いてないし、注文する時素うどんみたいなのかと思っていたので余計…

theme : 沖縄
genre : 旅行

comment

Secret

No title

2011.04.18.20:14

沖縄本島で食べたソーキソバと違うことが写真からもわかります

まいう-!宮古島へ行ったら寄りまーす! 

No title

2011.04.19.08:46

調べてみたところ麺も宮古の方が本島より少し細く、だしも違うようですね^^
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1114駅/1160駅

つぶやき
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索