FC2ブログ

2006年東北旅行記(4)

2006.08.30.20:58

こんにちは!

地図はこちらhttp://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/miyagi/index.html
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/miyagi/index.html
を参照ください。

旅行3日目、道の駅巡りは2日目の朝。道の駅「さんりく」で目覚めました。
さすが東北、昼間は涼しくて快適でしたが夜はかなり寒くて寒くてタオルケットを持ってくればよかった…とちょっぴり後悔。
身支度を整えた頃駅が開いたので行ってみると、三陸どれの海産物が生簀に入っていました。中でも一番の名物はホタテだとか…。殻付き1個120円ってすごく安いけど、この場で調理する手段がないので残念。と思ったら、ホタテの御飯があったのでこっちを購入。これと柿ソフトを朝御飯にしました。

この日は岩手県をひたすら海沿いに北上しました。内陸の道の駅は完全に切り捨てです。まだどう進むかはなぁんにも考えてないけど、とりあえず東北一周しようかな、という考えが漠然とあったので…。
昨日は1日中曇りでせっかくの風光明媚な三陸の海が全然見えなかったのですが、今日は晴れてしっかり見えました。九州とはまた違う海の色で、綺麗!
三陸
お昼御飯は「いわいずみ」で、珍しい短角牛の牛丼とカレー(お肉が柔らかい!)を食べました。ここから車で10分ほど行ったところに、日本3大鍾乳洞の1つ「龍泉洞」があるのですが、そこの名水をレストランで出してくれるのが嬉しかったです。
「たのはた」では牛乳ソフトを食べ、「のだ」では塩を試食してあまりにも美味しかったので買えるだけお土産として購入しました。
その後岩手県をサヨナラして遂に青森県へ突入。この日最後の駅「はしかみ」でいちご煮の缶詰を発見。おぉこれが噂のいちご煮。でも1缶千円ほどするのでちょっと勇気がいるなぁ。散々迷いましたが、我が家はウニがあまり好きではないので購入を見合わせました。

この日のベスト・オブ・道の駅は岩手最北の駅「おおの」です。1人1芸を掲げる町だけあって、駅のスタッフもそれぞれの得意なところを発揮しているように感じました。とにかく敷地が広大で、体験工房を中心とした施設が豊富なのです。
ここでメニューを見て思わず食べたくなったあるものがあって、食べてみたら大ヒット!下調べの段階でも全くノーマークだったので、この旅で一番の発見だったかもしれません。何だったのかは…また後日♪

theme : 旅記録
genre : 旅行

comment

Secret

いちご煮

2006.08.30.22:35

>ウニがあまり好きではないので購入を見合わせました
階上で、ついに、「いちご煮」を発見したんですね!
缶詰は、美味しくないので、買わないのが正解です。
私も、これまでいろいろ買ってみたんですが、どれも、
「いちご煮」というほどのものではありませんでした。

>>ウニがあまり好きでない
それって、本当に美味しいウニを食べていないからだと
思います。私自身も、これまで寿司屋で食べたウニは、
特別美味しい、と思ったことはないんです。
①寿司屋とかスーパーで売っている木箱入りの「生ウニ」は、
 型崩れ防止と滅菌のため、アルコールとミョウバンの
 入った水に一度くぐらせるので、味が落ちているんです。
②ウニの種類,季節,その年の海水温と雄雌で全く味が違い、
 さらに個体によっても微妙に味が違います。
 適当な海水温で育った、良質のコンブをたくさん食べた
 6~8月の産卵期の雌のエゾバフンウニが最高級品です。
③生きた状態では、東京の築地市場や料亭でも手に入りません。
 北海道の利尻島と青森の階上~大間の太平洋沿岸くらい
 でしかお目にかかれない、地元止まりの限定品です。
④雄雌は、慣れれば、持った時の大きさと重さの感触で
 8割程度はあたりますが、たまに美味しくない雄がいる。
 雄はあまり身が入ってないので、割ってみてがっかりします。
⑤さらに、利尻は利尻コンブで育つので、身が赤っぽく、
 お上品な味、階上は、日高コンブで、身は黄色っぽく
 濃厚な味です。前者は生のまま食べると至高の味。
 そして、後者の生きたウニとアワビを煮たものが、
 本物の「いちご煮」の正体。
⑥これを一口、口にすれば、ご先祖さまのDNAと共鳴し、
 その感激に思わず「日本に生まれてきてよかった」
 と涙が流れ出すほどの、強烈なグルタミン酸+クエン酸+
 その他アミノ酸のお吸い物。これぞ日本の究極の味。
いちごにも、ここ3年間食べていないなあ...。
うーん。もるもるさんが、東北まで出かけて、本当に、
美味しいウニに出会えたのか、少々心配になってきました。

ご参考までに。

http://uniclub.jp/know/index.html

いちご煮

2006.08.31.15:29

私もウニが苦手なので、いちご煮はまだ未体験です(笑)
主人は「すっごく旨い」と申しております。
「おおの」のノーマークヒット作品は何だろう???
すっごく気になるww

2006.08.31.21:02

>いちごに大好きさん
さすがいちごにさん、ウニ通ですね☆
缶詰、相当迷って一旦レジへ持って行きかけたのですが美味しくないんですか…!セーフセーフ。もしそれを食べていたら「いちご煮」ってこんなものかぁっていう印象で終わってしまいますものね。
「はしかみ」のレストランで食べられれば良かったのですが、閉店していたようでした。

ウニ。正確に申しますと、相方があまり好きではないんです。本物を食べたけれども苦手だとか…。
確かに、独特の磯臭さがあるので好き嫌いが分かれる食べ物だとは思います。
というわけで今回の旅ではウニをひと口も食べていません。勿体無い!!といちごにさんに言われそうですが…。

私はいつかどんぶり一杯に持って嫌というほど食べてみたい!と夢見ているのですが、実際はそのお金があればイクラやマグロの方を選んでしまいます。

でも、昔北海道で食べたウニは確かに普段のお寿司屋さんのウニとは違いました…!
一番美味しいのは、いちごにさんも挙げておられる利尻方面だと聞きました。り、離島か…道の駅ができれば行くでしょうけど。

⑥の味の描写を読んでいちご煮の魅力がわかったような気がします。はぁ~美味しそう!

>けやきさん
せっかく東北にお住まいなのですから、チャレンジしてみては?ウニの部分をご主人に任せて、お吸い物だけ飲んでみるとか。
「おおの」に関してはお楽しみにv-238

実は....

2006.08.31.22:12

>「はしかみ」のレストランで食べられれば....
道の駅の名誉のため、あまり言いたくないのですが、
実は、あそこの「いちご煮ラーメン」、
食べてみましたが、本物ではないのです。
ウニ+アワビ、でなくて、ウニ+ホタテ、なんです。
さすがにいいウニの味が出ているのですが、
ホタテとアワビですから、その差は歴然。
これも、セーフセーフ、ですね!
--------------------------
そのうち、北海道北部の駅にも遠征されると思いますが、
駅ができていなくても、夏の利尻は、とても良いところ
だったので、超おすすめです。
利尻で、エゾバフンウニは、1個500~800円。
身は、5つ入っているだけ。水槽の中から大きさの割に
重たいのを取るんですよ。
おばさんが、生にするか、焼きウニにするか聞いてきて、
ウニを割ってくれます。ここのウニは、あの磯臭さは、
ほとんどなく、とっても心地の良い、
ほんわりした磯の香りするので、ウニが嫌いな人でも、
焼きウニにすると大丈夫だと思います。
もしも雄をつかんだ場合、次の1個は半額にしてね、
と事前に交渉しておけばいいでしょう。
(ウニの話ばかりですみません。いちごには、一時期、
 道の駅ではなく、美味しいウニを追って旅したものですから)

2006.09.01.20:30

「はしかみ」のいちご煮ラーメン…ホタテなんですか~ちょっとがっかり。
やはり地元の専門店で食べるのが一番??

焼きウニって食べたことありませんが美味しそう!クセが和らぐのですね。
ウニのお話いつでも大歓迎ですよ(^o^)丿ありがとうございます。雌雄の違いなど、知らないことがいっぱいでした。
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1114駅/1160駅

つぶやき
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索