道の駅グルメ北海道編(28)・「知床・らうす」知床海のバニラソフト 

2012, 02. 29 (Wed) 18:15

こんにちは~

道の駅「知床・らうす」には、知床羅臼深層水を使ったソフトクリームがあります。
このソフト、北海道で有名なソフトクリームメーカー「クレアート」製。

愛媛県の道の駅「伯方S・Cパーク」には同じく塩を使った「伯方の塩ソフト」がありますが、
それより塩分控えめのように感じました。
すっきりとした甘さでパクパクいけ、とっても美味しかったです!
DSC01470.jpg
300円。

福岡県行橋市の新駅はいつ? 

2012, 02. 28 (Tue) 18:22

こんにちは~

福岡県行橋市の市長が、任期中盤まで来たことを受けて公約達成状況を発表しました。

公約の目玉になっていたのが道の駅を作ること。
しかし、これは未だ未着手ということで任期中にできることは難しいだろうという見通しがニュースに出ていました。

そうですね…道の駅を作ると決めてから、しっかり一から準備する所だと
内容検討に1年・設計に1年・建設に1年くらいかかりますからね(。-`ω´-)ンー
既存施設を利用したり、とりあえずちょっと特産品でも置いて道の駅にしてしまおう!という所はもっと早いですが。

昨年調査検討委員会も立ち上げた(http://michinoekimorumoru.blog61.fc2.com/blog-entry-1391.html)のですがなかなか進んでいないのですね。

ということで、行橋市の道の駅は実現したとしてもまだまだ先になりそうです。

詳しいニュースはこちら

広島県三次市の新駅 

2012, 02. 27 (Mon) 18:38

こんにちは~

広島の三次市では新しい道の駅と地域住民が日常的に利用できる施設が入った複合施設「郷の駅」を作る計画が立てられているそうです。

道の駅の詳細は不明ですが
食品・日用品販売店舗、バスターミナル、福祉施設なども入りかなり賑やかになりそうです。

場所は国道375線沿い。
ニュース記事の地図を見ると市の中心地やICから離れた静かな場所のようですね。

詳しいニュースはこちら

新潟県見附市の新駅 

2012, 02. 24 (Fri) 18:09

こんにちは~

新潟県のほぼ中心に位置する見附市に新駅計画が立てられていることがわかりました。

今のところわかっている施設は休憩施設、農産物直売所、農家レストランの3つ。
美味しくて新鮮な野菜を使ったレストランだといいなぁ~。

詳しいニュースはこちら

どうも内訳を見てみると約150億円が道の駅と防災公園に使われるようです。
道の駅は豪華なところでも10億円くらいなものなのですが…
公園にお金がかなり使われるのでしょうか。

北海道の道の駅「知床・らうす」 

2012, 02. 23 (Thu) 18:44

こんにちは~

知床というと、言わずと知れた北海道の世界自然遺産。
私がこの駅に初訪問した時は、ちょうど世界遺産に登録されたばかりの時で
あちこちに「登録記念○○」とか「祝登録」のような文字が踊っていました。
知床の東側の玄関口となっています。
DSC01464.jpg
ここの道の駅には「海鮮工房」という羅臼の漁協直営店が入っていて、
羅臼昆布や鮭、ウニ、ブドウエビなど北の海の幸がずらりと揃っています。
実家も私もここの羅臼昆布を愛用しています
ホントいいだしが取れるのですよ~
その他にも地元の商店が2軒入っています。
羅臼の味覚でここにないものはないのでは?
DSC01462.jpg

レストランは2軒。
ホッケフライバーガーやラーメンなどがある「羅臼の海味 知床食堂」と
ちゃんちゃん焼きやとどが食べられる「知床ちゃんちゃん焼しれたこ」があります。

↓訪問は8月中旬、真夏でしたが雪が置いてありました。
知床の標高の高い所から取ってきたんでしょうか???
DSC01463.jpg
対岸に見えるのは国後島です。
こんなに近く見えるんですね!
手に届きそうで未だ届かない場所。
DSC01469.jpg

DSC02436.jpg

続きを読む »

東北の特産品を移動販売 

2012, 02. 22 (Wed) 18:33

こんにちは~

東北6県と茨城の特産品を詰め込んだ移動販売のトラックが、21府県を巡るそうです。
販売場所は道の駅が主だとか。
道の駅は広い駐車場を持っている所が多く、臨時販売所を作るには最適ですね。

どこをどういったルートで巡るんだろう…と調べていたら、見つかりました。
“復興支援”トラックマーケット公式HPhttp://www.one-heart-now.jp/pc/
今日は滋賀県の「びわ湖大橋米プラザ」で販売を行ったそうです。
次回は土曜日、三重県の「紀伊長島マンボウ」の予定です。
大都市だけでなくて、結構全国あちこち行くんですね~
九州も来てくれるようで嬉しいです。

2月18日「内灘サンセットパーク」での様子はこちら

広島県「舞ロードIC千代田」に神楽舞台付レストラン 

2012, 02. 21 (Tue) 18:10

こんにちは~

広島県北広島町の道の駅「舞ロードIC千代田」の第2期整備事業の内容が詳しく公表されました。

この道の駅に初めて訪問したのはオープン直後でした。
その頃は殆ど何もなくて
地酒なんかがちょこっと置いてあるバスターミナルにしか見えず、物足りない感じがしました。

その数年後に再訪問した時は、以前よりずっと販売スペースが増えていて少し道の駅らしくなっていました。

そして遂にレストランができることに!
それも神楽舞台付きです。
まさに「舞」ロードですね~

物産販売スペースも従来の約3倍に増えるということで、イメージががらっと変わりそうです。

工事着工は今年7月、完成は1年後の7月を予定しています。

詳しいニュースはこちら

それにしてもユネスコの無形文化遺産にこの町の壬生の花田植が登録された(2011年)なんて知りませんでした。
日本にも無数のお祭りがありますが、無形文化遺産に認められているのはごくわずか。
素晴らしいです。

北海道の道の駅「スワン44ねむろ」 

2012, 02. 20 (Mon) 18:44

こんにちは~

「スワン44ねむろ」は、野鳥の宝庫・風蓮湖(湖ですがすぐ湾につながっています)のほとりにある道の駅です。
DSC01453.jpg
44は駅の前を通る国道の号線。
湖を一望できるつくりになっていて、備え付けの望遠鏡やモニターを使って
誰でも自由に野鳥を観察することができます。
DSC01451.jpg
数千羽の白鳥が飛来する冬場は感動するでしょうね
とは言え、昔に比べるとかなり数が減っているそうですが…

この道の駅のある根室市の特産といえばやっぱり花咲ガニ。
駅内の物産館でも販売しています。
他にも海産物加工品がありました。
DSC01450.jpg

レストランでは、風蓮湖を眺めながら食事ができます。
DSC01452.jpg

サンマのづけ丼、花咲がにの鉄砲汁、エスカロップなど
北海道ならではのメニューがいっぱいです。

ソフトクリームは別海町(根室市の隣町、同様に風連湖に面しています)の牛乳で作ったミルクソフト。
DSC02399.jpg

続きを読む »

栃木県益子町の新駅 

2012, 02. 17 (Fri) 20:35

こんにちは~

栃木県益子町の田野地区という所に新しい道の駅ができることがわかりました。
まだ用地の確保と設計にかかる費用を予算案の中に組み込んだ段階なので、詳しいことはわかっていません。

ここは人口2万4千人とそれ程大規模な自治体ではありませんが、
益子焼が全国的に有名ですね。
道の駅の目玉はこれになるのかな?と思います。

焼き物を見るのは好きなので楽しみですが、道の駅というと私はついついグルメが気になってしまいます。
そちらはどうなんでしょうね?
続報に期待。

詳しいニュースはこちら

北海道道の駅「とうや湖」の「洞爺湖ロコモコ」 

2012, 02. 16 (Thu) 18:29

こんにちは~

道の駅「とうや湖」に今月1日、新メニューが登場しました。
「洞爺湖ロコモコ」です。

ロコモコといえば代表的なハワイ料理。
常夏の島の名物料理が北の国のお店で出されるなんて最初は意外に思ったのですが、
材料そのものは幅広い地域で作られるものなので全然おかしくないですね。

地元の季節野菜を使った付け合せと温泉卵がトッピングされているのが「とうや湖」流。
道の駅で販売されている野菜を使っているのが嬉しいです。
ご飯は洞爺湖町財田産。

主役のハンバーグに使われている牛肉が「あか毛和牛」はどこかがわからないのが惜しいですが、これは1度食べてみたいです。

詳しい記事はこちら

新潟の道の駅に伝統食レストラン 

2012, 02. 15 (Wed) 18:28

こんにちは~

新潟の旅館経営者達が合同で立ち上げた会社が、2つの道の駅に伝統食レストランを作るそうです。

1つは十日町の道の駅ということですが…
十日町には「クロス10十日町」と「まつだいふるさと会館」の2箇所の道の駅があります。
どっちなんでしょうね(。-`ω´-)ンー
結構広いみたいなので「クロス10」かなぁという気もしますが、今のところ不明です。

伝統食をカフェ風におしゃれにアレンジしているようで、面白そう

もう1つは6月に南魚沼市にオープンする新駅「南魚沼」にできます。
南魚沼といえばやはり米どころですよね
米粉を使った料理やお米そのものの美味しい料理を提供していくとのことです。

同系列店ながらどちらも異なった特色を持つお店…
両方気になります。

やはり旅行者にとっては旅先で地元のものを使った郷土料理を食べるのも楽しみの1つ。
普通の麺類(具に特産品が入っているならまだしも)や定食しかないとがっかりします。
こういったレストランは嬉しいですね、期待しています!

詳しいニュースはこちら

沖縄県道の駅「豊崎」の「豊見城マンゴーショコラ」 

2012, 02. 14 (Tue) 18:30

こんにちは~

12月に沖縄の道の駅の中で優れたお土産を決める「第1回おきなわおみやげコンテスト」が開催され、
その表彰式が先日行われました。

優勝したのは「豊見城マンゴーショコラ」。
豊見城市がマンゴーの産地であることを目的として作られた商品で、
規格外の地元産マンゴーを上手に利用しているそうです。
マンゴーのお菓子というと、どうしても高級果物なので気持ち程度の量しか使われないイメージがあります。
でもこれはマンゴー成分が濃厚そう…!

どんなお菓子かは食べてみないとわかりませんが、
マンゴーピューレを練り込んで焼き上げた生地にホワイトチョコレートを塗っているそうです。

4個入1050円、8個入1995円ということで1個の単価が結構いい値段ですね。
大きいのかマンゴーがそれだけたっぷり入っているのか両方か。
次回沖縄に行ったら是非とも食べてみたいです。

詳しいニュースはこちら

道の駅「厚岸グルメパーク」 

2012, 02. 13 (Mon) 18:30

こんにちは~

厚岸は牡蠣が特産です。
道の駅「厚岸グルメパーク」も建物そのものも牡蠣をモチーフにしたり、窓のステンドグラスも牡蠣のデザインというこだわりよう。

↓ロゴマークにも牡蠣。
施設の愛称「CONCHIGLIE(コンキリエ)」とはイタリア語で「貝の形をした食べ物」という意味だそうです。
DSC01445.jpg
ここに訪問した時はもう真っ暗で、今の程カメラの性能も良くなかったのでうまく写真が撮れませんでした。
外観は下のスタンプを参考にしてください。
何となく牡蠣の殻っぽい?

1階は海産物の加工品販売と喫茶コーナーとかわいいミニ水族館、2階は海産市場とレストランになっています。

ここは高台にあるので、厚岸の夜景を楽しむことができました。

レストランで味わえるのは勿論牡蠣をはじめとした北海道の海の幸。
それも2店舗ありまして…

「炭焼き 炙屋」は同フロアーの市場で買った新鮮な魚介類を自分で炭火で焼いて食べることができます。
「エスカル」は牡蠣の和洋食が食べられるお店です。
前者は素材そのものを楽しみたい人、後者はアレンジしたものを味わいたい人へ。
どちらのニーズにも対応可能な、まさにグルメパークです。

私達は豚丼を食べたことや、お風呂を探さないといけない時間だった事など様々な理由で泣く泣く諦めましたが…

DSC02398.jpg

続きを読む »

「内子フレッシュパークからり」の「じゃばらジュース」 

2012, 02. 10 (Fri) 18:20

こんにちは~

本日も「内子フレッシュパークからり」関連のお話です。


「じゃばら」という果実をご存知でしょうか?
(じゃばらや「じゃばらドリンク」について書いた記事はこちら
今まで日本で唯一・和歌山県の北山村でしか生産されていないと思っていたのですが
現在は内子町でも栽培されており、「内子フレッシュパークからり」で今月中旬から
じゃばらジュースが販売されることがわかりました。

果汁30%だと北山村の道の駅「おくとろ」で販売しているものはかなーり酸っぱいような感じでしたが、(10%でちょうどいいくらい)
こちらはどんな感じなんでしょうね。
サイダーも美味しそうです。

夏の暑い日、疲れた日に飲むときっと元気が出ると思います。

詳しいニュースはこちら

「内子フレッシュパークからり」の「もち麦かけうどん」 

2012, 02. 09 (Thu) 18:00

こんにちは~

先日全国のスーパーマーケットが集まってお弁当・お惣菜の日本一を決める大会があったのですが、
何と愛媛県の道の駅「内子フレッシュパークからり」が麺部門の大賞を獲得しました!
道の駅の中でとか、直売所の中ででも凄いと思うのに
スーパーマーケットの中で選ばれるというとたいへんな競争率です。
麺部門に応募したのは2259点だとか。
そのトップに立ったのですから、これは素晴らしいことですね( >▽<ノノ☆パチパチパチパチ

その気になる麺の名前は…
「もち麦かけうどん」。
一瞬、もちに麦をかけたうどん???と読んでしまいましたが、
もち麦で作った麺のかけうどんなのですね ( *´艸`)

何となく、コシがありそうなうどんのイメージ。
最近ポン酢や納豆のタレなどでジュレタイプのものが出てきていますが、
こちらのつゆもジュレになっていて持ち運びしやすいようです。

電子レンジで温めて食べるものらしいですが、
道の駅にレンジはあるのでしょうか。
日本一の麺、是非是非食べてみたいです

詳しいニュースはこちら

道の駅グルメ北海道編(27)・「しらぬか恋問」この豚丼 

2012, 02. 08 (Wed) 21:25

こんにちは~

道の駅「しらぬか恋問」の名物といえば十勝の郷土料理である豚丼です。
北海道道の駅連絡会が認定している「道の駅弁」の第1号として、このメニューは一躍有名になりました。
DSC01430.jpg
道の駅弁でもいいのですが、時間があったのでレストランでできたてをいただきました。

私はここの駅のは勿論、豚丼そのものを食べたのはこの時が初めて。
DSC01431.jpg
ごはんの上に焼いた豚をドンと乗せた、豪快さにまず驚きました。
こだわりの阿寒ポークの豚肉はたっぷり6枚(4枚もあります)と、ボリュームも満点。

岐阜のたまり醤油と沖縄の黒糖を使ったとろりとしたタレも深みがあって美味しいし、
やわらか~い豚肉は炭火のスモーキーな香りが鼻から抜けていって
これまた何とも言えず美味しい!

1100円。
オススメです。

もう1品、「鮭といくらの親子丼」もいただきました。
DSC01432.jpg
こちらは1380円。
本州では鮭がフレークなのも珍しくありませんが、ここはちゃんと焼き鮭という所が「さすが北海道」だと感心?しました。
こちらも満足の味。
でも現在はメニューにないようです。残念。

道の駅「しらぬか恋問」 

2012, 02. 07 (Tue) 20:14

こんにちは~

道の駅「しらぬか恋問」。
DSC01424_20120207193409.jpg
↑どハデな看板が目を引きます。

名前の由来は白糠町にあるのと、駅の裏手にある恋問海岸から来ています。
恋問というのはアイヌ語の「波が崩す所」という意味の「コイトイ」を漢字で当て字にしたのだとか。
何ともロマンチックな当て字ですね
太平洋を一望できる海岸があり、
冬場の夜にはイルミネーションが飾られ…
まさにデートスポットにぴったりです。
いや家族でも友達でも同じく楽しめますが。

道の駅では海産物を中心に販売しています。
中でも一番印象的だったのは、「記憶形状昆布」。
一見普通の昆布なのですが
水でもどすと「祝」「寿」などのおめでた~い字になるのです。
地元産を使っている上にこの物産館「恋問館」の名に相応しい、とってもナイスアイデアな商品だと思います
お土産には勿論、引き出物にもいいですよね!

もう1つここで触れておくべき名物として、「この豚丼」があります。
十勝地方の郷土料理である豚丼で、レストランでも食べられますし駅弁としてテイクアウトもOK。
太平洋を望むレストランでは他にも地元の海産物を使った丼や定食が食べられます。

それから…
駅の自慢としているのが「日本一あずましいトイレ」。
「あずましい」とは北海道弁で「落ち着く」「居心地がいい」というような意味です。
(※「あずましい」は東北でも使うそうです)
初期の道の駅でかなりのお金をかけて明るく、ベンチもあるトイレを作ったのはここが先駆けなのだとか。
うーん、でも…
私が訪問した時はもうオープンから12年経過していたからでしょうか、
設備はしっかりしていましたが清潔さはむしろ他の駅より汚かったです。
あくまで個人的な見解ですが。
しかし昨年11月にリニューアルしたので、また生まれ変わって「あずましく」なっているかと思います。

ここの別棟のソフトクリーム屋さんは、夏場は行列ができる程人気。
ご当地ではないかもしれませんが美味しいと評判のお店です。

現在、白糠町内では道の駅で販売するオリジナルアイスクリームを開発するプロジェクトを進行中。
完成を楽しみに待ちましょう(*゚▽゚)ノ
DSC02397.jpg

続きを読む »

長崎県佐世保市の新駅 

2012, 02. 06 (Mon) 18:07

こんにちは~

長崎県佐世保市で新駅計画が進められているそうです。

きっかけが
「料金所の為の場所を確保しておいたが、道路が無料になった為持て余してしまった」
というのが何とも勿体ない話ですが…
あの地域は道の駅が少ないので期待。
せっかく九十九島の海の幸があるのですから、それを活かした駅づくりをして欲しいです。

おとなり西海市の「さいかい」がありますが、あの駅はみかんに特化しているので
それぞれで特徴を出していけば良いと思います。

オープンは2013年度末を目指している模様。
しかし、場所の不便さや採算性の不安などひと山もふた山も越えなければいけない問題もあるようです。

詳しいニュースはこちら

道の駅「あいおい白龍城」の「相生牡蠣バーガー」 

2012, 02. 03 (Fri) 18:03

こんにちは~

中華風の駅舎が目を引く兵庫県の道の駅「あいおい白龍城」。
そこにご当地バーガーがあることを知りました。

確かにこの辺り、牡蠣が美味しいらしいんですよね(゚¬゚*)
相生の牡蠣を使ったフライ、チェダーチーズ、タルタルソース、トマト、レタスをサンド。
これは美味しそう!!
勿論牡蠣フライは注文してから揚げてくれます。
うわ~これはまた行って食べなくては…

詳しい記事はこちら

話は180度変わりますが、
「あいおい白龍城」の「白龍」はペーロンと読みます。
駅の目の前にある相生湾で年に1度中国のボート・ペーロンの大会が行われることから名付けられています。
でもどうしてここで中国の風習が?と初めて訪問した時から不思議に思いつつも、
まあ中国の人々が過去ここに移り住んで伝えたのだろうと軽く思っていました。

ところが…今回この情報サイトの記事を読んで、大正時代に長崎から移住してきた人が故郷を懐かしみ始めたのがきっかけだと知りました。

今私が住んでいる長崎は、確かにペーロン競争が盛ん。
大会が行われたり、学校の部活としている所もあります。
こちらは江戸時代、中国から伝わりました。

長崎と相生にこんなつながりがあるとは…

道の駅「阿寒丹頂の里」 

2012, 02. 02 (Thu) 18:21

こんにちは~

「阿寒丹頂の里」は阿寒国立公園の入口に立つ道の駅です。
DSC01422.jpg
阿寒とはアイヌ語で「不動」の意味だとか。
周囲の山々が形を変えても、雄阿寒岳はずっと姿を変えずにい続けているそうです。
なんて気の遠くなる話…

阿寒といえば阿寒湖が有名ですが、
タンチョウヅルの飛来地でもあります。
道の駅に隣接する「阿寒国際ツルセンター」では、飼育場の見学やツルについて学ぶことができます。

また
ウォーホル、ダリなどの芸術作品を鑑賞できる「北緯43度美術館」もあります。
阿寒と同じ北緯43度上に位置する国々の絵を集めた…というコンセプトが面白いですね。

バンガロー、バーベキュー場、キャンプ場、パークゴルフ場などアウトドア施設も充実。
地元の人には貸し農園もあります。
更には温泉宿泊施設もあって、レジャー面に全く隙がありません(温泉のみの利用可)。

道の駅のイチオシ商品はミルクソフト。
お土産は丹頂やマリモをテーマにしたお菓子が多数販売されていました。

レストランでは阿寒ポークやエゾシカ料理、その他和や洋の定食メニューが揃っています。
DSC02396.jpg

続きを読む »

愛媛県久万高原町の新駅 

2012, 02. 01 (Wed) 17:46

こんにちは~
またまた新駅の情報を見つけました。

今回は愛媛県の久万高原町です。
春頃に設計を頼むという段階なので、こちらもオープンはかなり先になりそうです。

町名の通り、久万高原は標高800mの町。
四国は暖かいイメージがありますが、ここは夏は涼しく冬はスキーができるくらい雪が積もるそうです。
どんな道の駅づくりをするのでしょうね~

ニュースはこちら