延岡の道の駅が統合へ 

2017, 01. 31 (Tue) 23:00

こんにちは~

宮崎県延岡市にある道の駅
「北川はゆま」
「北方よっちみろ屋」
「北浦」
は、これまで別の第三セクターが経営していましたが
2月1日より統合して1つの会社が運営することになりました。

1つの会社が複数の道の駅を。
ぱっと出てきませんが、他にもそういう所がありましたね。
物流が便利になる、コスト削減になる、というのがメリットであるのに対して
似たような道の駅にならないか、そもそも1つの市でたくさんの道の駅は必要か(ここに限らず)
といった疑問点も出てきますが
良い方向へ向かうといいですね。

先日お話しした道の駅の民営化同様、
道の駅のあり方はどんどん変化していっているように思います。

詳しいニュースはこちら

道の駅初の民営化 

2017, 01. 23 (Mon) 21:38

こんにちは~

広島県と愛媛県をつなぐ西瀬戸自動車道、
通称しまなみ海道。
そのルート内にある道の駅のうちの3つ、
「多々羅しまなみ公園」「伯方S・Cパーク」「よしうみいきいき館」が
道の駅として初めて民営化されるそうです。

しまなみ海道というお金を払わなければ行けない道の駅なので、
それを目的として行こうとするには敬遠されがちな駅でもあります。
昔訪問した時は、各駅に行く度に一回一回有料道路を降りなければならないので
ただでさえ高い通行料金が一層高くなって散々だったのを覚えていますが
今もそのような感じなのでしょうか…
そんな行き辛い所ですから、道の駅自体も閑散としていて
景色以外はあまりいい印象はありませんでいsた。
一回行ったらもう十分かな、というような。

だからこそ民営化の力で何とかしようということになったのかも、と思ってしまいます。
自転車でしまなみ海道を横断するのはとても人気ですし、他ではない体験なので
そこをうまく活用できるかどうかがポイントでしょうか。

これからも民営化の道の駅は増えそうな気がします。
今までのやり方では限界の所は少なくありませんので…
民営化で良い方にいくか、悪い方にいくかはわかりませんが。

詳しいニュースはこちら

「風の丘米山」の将来 

2016, 12. 05 (Mon) 18:16

こんにちは~

ようやく、更新ペースが元通りに戻れそうです。
よろしくお願い致します。


さて、ちょっと気になるニュースを見つけました。
新潟県柏崎市の道の駅「風の丘米山」は現在休止中で、
その跡地をどのように利用するか市が検討中だそうなのです。

恥ずかしながら休止していることを知りませんでした…
調べてみるとメインの宿泊施設は既に解体撤去済み、休憩所と公衆トイレも閉鎖、
スタンプは併設する施設「痴娯の家」に入口に置いてあるようですね。
知らずにスタンプを押しに来た人は戸惑いそうです。
しかも冬季はこの施設が休館する為押印不可とのこと。

確かに思い出してみると、ここの訪問時の印象は「なんじゃこりゃ」でした。
メインの宿泊施設はまだ営業している時でしたが、
開いているのか閉まっているのかよくわからないような暗さで
休憩所のベンチも古く、正直廃墟のような道の駅でした…
我々以外人っ子一人見ませんでしたし。

市は今のところ廃駅にはせず、
リニューアルして道の駅を含む観光集客施設を作ろうと模索しているようですが
閉鎖から1年半経った今も道筋は見えていません。
現在はまだ、アイデアを出してくれる事業者を募集している状況です。
来年実施する調査で良い意見が出たとして、
新しい駅舎を設計、建設することを考えると
再開はまだまだ遠いようです。

詳しいニュースはこちら

平成27年度重点道の駅選定 

2016, 01. 29 (Fri) 23:58

こんにちは~

国土交通省では、昨年度から「重点「道の駅」」というものを
全国の道の駅から選ぶ制度を始めました。
地域活性化の拠点となる優れた企画があり、
今後の重点支援で効果的な取組が期待できる道の駅
(将来新設される駅も含む)
の応援をしていこうということです。

昨年秋にも27年度の重点道の駅選定に対する
募集があったのでそろそろ発表かなと思っていたところ
先日発表がありました。

今年は38箇所(昨年は35箇所)。
ちなみに昨年は
特に優れた機能を継続的に発揮している「モデル道の駅」と
地域活性化の企画に向けて地域の意欲的な取組が期待できる「重点「道の駅」候補」
も選ばれていましたが今年はありませんでした。

逆に昨年なくて今年初めてできた事としては、
1駅のみを選定するのではなく、
「竜王かがみの里」+「アグリパーク竜王」や
国道54号線沿いの「ゆめランド布野」+「赤城高原」+「頓原」+「掛合の里」
のように複数の道の駅の連携を重視して
1つの重点的道の駅施設とするケースも現れました。

道の駅から距離が離れていない所に新たな道の駅ができると、
意味あるのかな?競合しないかな?と思ってしまいますが
連携を取って近いからこその意味、強みを出してくれると良いですね。

続きを読む »

「にちなん日野川の郷」4月オープン 

2015, 11. 30 (Mon) 21:25

こんにちは~

先日登録発表された道の駅、オープン日や
道の駅の具体的な内容が報じられるようになってきました。
来年4月オープン予定の
鳥取県日南町の道の駅「にちなん日野川の郷」は
とうとう中国地方で100番目の道の駅になります。

この道の駅がちょっと珍しいのは、
管理運営会社の1つが地元のトマト加工業者で
道の駅内にもトマト加工場があるということです。

ちらっと加工の様子が見られたらいいなあ…
レストラン、直売所ではそのトマトを活かした品揃えを期待したいです。
やはり道の駅は何となく特産品を並べてあるよりも
1つ「これ!」というような目玉がある方が
印象にも残りますし魅力もあると思うので、
ここはトマトを上手に活かして欲しいです。

将来的には太陽光発電や高齢者施設の併設も検討しているとのこと。
太陽光発電は災害などいざという時の重要な拠点にもなり得ますし、
高齢者施設の食事は道の駅の産直野菜を使って調理する…なんて事ができたらいいですね。

詳しいニュースはこちら