2010年秋の四国探訪記(6) 

2011, 06. 21 (Tue) 18:36

四国旅行3日目、最終日続き。
久しぶりのしまなみ海道です。
前渡った時は、道の駅巡りを始めてまだ1年くらいでした。
懐かしいな~
DSC01040.jpg
今回は有り難いことに千円でしたが、以前はそのような制度もなく通常料金で…
しかも途中の島に点在する道の駅訪問が目的だったので有料道路を降りて乗る降りて乗るを繰り返し、
じわじわと・しかも結構高額のお金を取られた嫌~な思い出がありました。
有料道路を通らないと行けない道の駅は辛いです><

話がずれますが、その千円制度も先週末で終了しましたね…
ずっと下道で旅をしていたので最初はぐずぐず言っていたのですが、一旦高速の便利さと速さを知ってしまうと駄目ですね~
活用しまくりました^^;

それまで高速と同様全くと言っていい程高速にあるPAも利用したことがなかったのですが、
やはり自然と利用するようになりました。
今回も美味しいお土産を発見!
それについてはまた後日お話することにします。

こうして夕方無事に家に帰り着き、愛媛の鯛めしを食べながら旅行の余韻を噛み締めたのでした。

先日旅好きの人が集まるSNSでも少し書いたのですが…
四国の道の駅は何故だか惹きつけられる駅が多いです。
旅行中はできるだけ色んな駅で色んなものを食べたい私に、
同じものを食べたいと思わせてくれる食べ物。
これは余程美味しくないとまず有り得ないことです。
異例中の異例なのですが、今回旅行中に2回もそれが起こりました。
(「あぐり窪川」豚まんと「風早の郷風和里」の鯛めし)
新規開拓駅の中でも「源平の里むれ」「四万十とおわ」はまた訪れたい!と思わされる駅でした。
「日和佐」もホッとする雰囲気だったなぁ~
大体どこもそれほど大きくない(「日和佐」は結構広いですが)のに不思議と印象に残っていて、魅力的なのです。

さて秋の四国探訪記はこれで終了です、ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m
いつも通りグルメのお話はまだ少し続きます。

2010年秋の四国探訪記(5) 

2011, 06. 20 (Mon) 18:31

こんにちは。

四国旅行3日目の最終日は道の駅「小田の郷 せせらぎ」から。
その名の通り、駅の脇には清流が流れていて爽やかな朝を迎えました。
DSC01024_20110617110912.jpg
さて、ここから長崎にこの日中に帰らなくてはいけません
まず目指すはしまなみ海道。
これを通って本州へ渡ろうと思います。
sikoku2010-3.jpg
愛媛を北上しているうちに、我々2人ともが寄りたい所を思いつきました。
そこは…
道の駅「風早の郷 風和里」。
ここの鯛めしが絶品なのです。
私がこっち方面行くなら食べたいなー、と思っていたら相棒も同じだったようで^^
到着したのは10時半過ぎ、お昼ご飯にはまだ少し早いですが朝食も兼ねて食べることにしました。

購入したのは鯛めしの他にたこめしとたこ天。
うん、やっぱり最高
あまりにも美味しいので夕飯用にも同じものを買って帰ることにしました。
十数分前に会計してもらったのと同じ人の所に同じ物をまた持って行くのが何となく気恥ずかしく、わざわざ違うレジに並ぶ私…(; ̄ー ̄A
(こういう事ってありませんか?)
お腹も満足したのでいよいよ四国にサヨウナラ(・∀・)/~~~~~
しまなみ海道を渡ります。

2010年秋の四国探訪記(4) 

2011, 06. 10 (Fri) 18:12

こんにちは。

四国旅行2日目の続きです。
さて…時間はお昼過ぎ、お腹もだいぶ空いてきました。
高知市内で土佐料理を堪能するか、それとも…?
もう1つの選択肢は高知市を抜けて先に進んだ所にある道の駅「あぐり窪川」の豚まん。
この豚まん、クセになるくらいとっても美味しいのです!
できるだけ色んな道の駅の、色んな商品を少しずつ食べることを方針とする道の駅制覇軍ですが
ここの豚まんはリピートしたい!
そう思わせる数少ない商品の1つです。
豚まんのレポートはこちらをご覧ください。

「あぐり窪川」に到着すると相変わらず大盛況でした。
そして殆どの人が豚まんを購入します。
飛ぶように売れていきますが、大丈夫。
どんどん補充されていきます。
この豚まんともう1つ、以前はなかったしいらバーガーを買いました。
sikoku2010-2.jpg

続きを読む »

2010年秋の四国探訪記(3) 

2011, 06. 09 (Thu) 18:19

こんにちは。

四国道の駅の旅2日目は徳島の「日和佐」から。
hiwasa.jpg
この道の駅は少し前に朝の連続テレビ小説(朝ドラ)の舞台になり、話題を呼びました。
DSC00980.jpg
主人公が(一時的にですが)道の駅スタッフになるドラマなんて斬新~!
でも朝ドラというものは舞台になった所がぐっと観光客が増えたりして町興しの効果もありますし、道の駅も然り。
決して遠いものではないのですよね。

この駅がある美波町はウミガメが上陸する町として知られています。
道の駅でもカメグッズがいっぱい売られていて何だか癒されました。

やがて高知県に入り高知市に近付くにつれて、龍馬がらみの看板がたくさん目につくようになってきました。
「岩崎弥太郎の生家」
「中岡慎太郎の生家」
「お龍君江姉妹像」
などなど…
せっかく高知まで来たのだし、龍馬ゆかりの地巡りでもするか~
と思ったのですが。
桂浜に向かう道路が結構離れた所から渋滞。
前行った時にはガラガラだったのに
この旅行は2010年、龍馬ブーム真最中でしたからね…
おそるべし大河ドラマパワー。
他の龍馬スポットも同じくらい混んでいるだろうと思い、龍馬ツアーは次回の四国旅行に回すことにしました。

というわけで、NHK2大ドラマの影響力を実感した2日目前半戦でした。
うーん、民法のドラマって大抵東京が舞台ですからね…
地方が舞台になったとしても1回きりのサスペンスドラマとか。
その点上記2つのドラマは色んな地域を扱います。
しかも朝ドラは半年、大河は1年と非常に長いスパンで放送されるもの。
私の住んでいる地域も昨年大河ドラマの舞台として注目を集めましたが、
町全体が活気づくし、イベントは増えるし、お祭り騒ぎだしで大変楽しい経験をしました。
ドラマの舞台になるってこんなに楽しいことなの!?と思いましたもの…
それは「今度はうちに来て!」と熾烈な誘致合戦が起きるのも無理はないですね(^_^;)

2010年秋の四国探訪記(2) 

2011, 05. 30 (Mon) 20:57

こんにちは。

四国旅行記第2回目です。
ようやく四国に上陸。
そこからまず目指したのは香川の道の駅「源平の里むれ」。
着いた頃にはもう夕方になっていました。
ここの道の駅は色々と見どころがありました。
何と言っても店内のPOPの書き方がうまい!
こういうものはお店の戦略でもあるので、写真掲載は控えますが…
おすすめ商品の上には店長のインパクト大の大きな似顔絵と共に、アピールポイントが詳しくかかれています。
店長のおすすめを掲示している所は多いですが、ではどの点がおすすめなのか?をきっちり書かれている所は少ないです。
しかも書き方が上手いので、私なんてこの旅1駅目なのにうっかり色々と買いそうになりました。
何とか思いとどまりましたが
できるだけ色んな駅で少しずつ買いたいので、1駅に買い物を集中させることは避けています。
ここはまた何度も訪れて、訪問の度に違うものを買いたいと思わされる駅でした^^
今回購入したのは、ソフトクリームと鯖寿司です。
前日出発してから、サンドイッチしか食べていなかったのでお腹空いた~

レストランは残念ながら終了していましたが、海鮮を使った天丼やづけ丼が美味しそう。
↓うどん用の小麦が売っているなんてさすが讃岐国>▽<
DSC00959.jpg

続きを読む »