道の駅グルメ北海道編(31)・「なかがわ」北海道べこステーキ弁当 

2012, 05. 21 (Mon) 20:17

こんにちは~

今日は関東旅行の話から外れて、突然北海道の道の駅グルメをご紹介したいと思います。
というのも現在地元のデパートで開催中の北海道展で道の駅が出店していたので、新鮮なうちに感想を書きたいなと思ったのです。
テレビでは道の駅が出店しているのを見たことがありますが、実際見るのは初めて。
これは買わねば!と催事予告の段階から張り切っていました。
あんまり張り切り過ぎて、予告と気付かず一度開催前に買いに行ってしまったのは内緒です。
「あれ!?来週からじゃん…」って。
(;´д`)

開店と同時に入店し、まっすぐ「なかがわ」のブースへ。
白い恋人のソフトクリームの行列はたいへんな事になっていましたが、「なかがわ」は端っこだからでしょうか?静かなものでした。
チラシにも結構扱いが大きかったし、他デパートの北海道展にもよく出品しているので結構有名だと思うのですが…
地元では初出店なのでまだあまり知られていないのでしょうか。
お弁当は何種類かありましたが、お店イチ押しの「北海道べこステーキ弁当」にしました。

さて無事ゲットして持ち帰りました。
2個でも結構ズッシリとしているので期待が高まります。
DSC03370.jpg
外装は黒とオレンジのスタイリッシュなデザイン。

続きを読む »

道の駅グルメ北海道編(30)・「ぐるっとパノラマ美幌峠」あげいも 

2012, 04. 05 (Thu) 18:14

こんにちは~

「ぐるっとパノラマ美幌峠」の名物あげいもは
ゆでたじゃがいもまるごとにホットケーキミックスの衣を付けて揚げたもの。
じゃがいも日本一の北海道ならではのファーストフードです。

ホクホクのじゃがバタを、ホットケーキミックスのあのほんのり甘い独特の衣で包んだ味…
この駅で初めて食べたのですが、これはいける!!
すっかりはまってしまいました。
DSC01489.jpg
1串にじゃがいも2個で300円。

道の駅では「望羊中山」の「峠のあげいも」の方が有名だったり人気があったりしますが
私はこちらの美幌の方が好みでした。

それはともかく、何故「美幌峠」「望洋峠」とどちらも峠なのでしょう…?

あと、長崎の雲仙名物「じゃがちゃん」も同じくじゃがいもにホットケーキミックスを付けて揚げたものですが
また違った食感です♪
あげいもはフワッ(アメリカンドッグのような)、じゃがちゃんはカリッといった感じ。
どちらも捨て難いです

道の駅グルメ北海道編(29)・「知床・らうす」“海鮮工房”の羅臼昆布 

2012, 03. 01 (Thu) 18:46

こんにちは~

国産の昆布の産地といえば、やはり北海道。
その中でも知床半島の羅臼側でのみ獲れる羅臼昆布はトップクラスの品質とされています。
北海道出身の母曰く「やっぱり昆布は羅臼」ということで、
うちでもずっと羅臼昆布を愛用しています。
子供の頃はこれがおやつがわりだったとか(´▽`*)

ここ5年ほどは道の駅「知床・らうす」内にある海鮮工房で販売している羅臼昆布を気に入って使っています。
漁協直営店だからでしょうか、普通のお店より安いです。
お味噌汁を作る時、できれば前日から水に漬けておくといい出汁がとれます。
湯豆腐に入れても旨味が豆腐に染みこんで美味しいです。

DSC02444.jpgDSC02445.jpg
値段は等級によって前後しますが大体3000~4000くらいです。
私が使っているのは3等級の2770円(330g)ですが十分。
いつか上のランクのと比べてみたい気もします。

道の駅グルメ北海道編(28)・「知床・らうす」知床海のバニラソフト 

2012, 02. 29 (Wed) 18:15

こんにちは~

道の駅「知床・らうす」には、知床羅臼深層水を使ったソフトクリームがあります。
このソフト、北海道で有名なソフトクリームメーカー「クレアート」製。

愛媛県の道の駅「伯方S・Cパーク」には同じく塩を使った「伯方の塩ソフト」がありますが、
それより塩分控えめのように感じました。
すっきりとした甘さでパクパクいけ、とっても美味しかったです!
DSC01470.jpg
300円。

道の駅グルメ北海道編(27)・「しらぬか恋問」この豚丼 

2012, 02. 08 (Wed) 21:25

こんにちは~

道の駅「しらぬか恋問」の名物といえば十勝の郷土料理である豚丼です。
北海道道の駅連絡会が認定している「道の駅弁」の第1号として、このメニューは一躍有名になりました。
DSC01430.jpg
道の駅弁でもいいのですが、時間があったのでレストランでできたてをいただきました。

私はここの駅のは勿論、豚丼そのものを食べたのはこの時が初めて。
DSC01431.jpg
ごはんの上に焼いた豚をドンと乗せた、豪快さにまず驚きました。
こだわりの阿寒ポークの豚肉はたっぷり6枚(4枚もあります)と、ボリュームも満点。

岐阜のたまり醤油と沖縄の黒糖を使ったとろりとしたタレも深みがあって美味しいし、
やわらか~い豚肉は炭火のスモーキーな香りが鼻から抜けていって
これまた何とも言えず美味しい!

1100円。
オススメです。

もう1品、「鮭といくらの親子丼」もいただきました。
DSC01432.jpg
こちらは1380円。
本州では鮭がフレークなのも珍しくありませんが、ここはちゃんと焼き鮭という所が「さすが北海道」だと感心?しました。
こちらも満足の味。
でも現在はメニューにないようです。残念。