FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅グルメ近畿編(84)・福井県「禅の里」ピクニックコーン大福

2018.04.13.23:06

こんにちは~

道の駅「禅の里」のグルメ情報を下調べしていて、
先日の駅長カレーと同じくらい人気があったのが
ピクニックコーン大福です。
最初見た時「えっ!?」と思いました。
コーンの大福…?(゚〇゚;)
ちょっと抵抗がありましたが、
ネットの感想で美味しいという感想を多々見かけましたので
思い切って買ってみました。
1個160円。
2017_05_06_IMG_1371.jpg

more...

スポンサーサイト

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

道の駅グルメ近畿編(83)・福井県「禅の里」駅長カレー

2018.04.11.21:24

こんにちは~

豆腐料理等、有名なお寺に近い道の駅らしいメニューのある「禅の里」ですが
一番人気のあるメニューはカレーなのではないでしょうか。
その名も「駅長カレー」。
駅長自らスパイスの配合を研究し、
苦心の末完成させたそうです。
この駅のオリジナルというだけではなく
上志比地区のニンニク、
五領タマネギ、
そしてニンジンまでも
地元永平寺町産にこだわっています。
まさにこの土地の美味しさがたっぷり煮込まれているのですね。
2017_05_06_IMG_1364.jpg

more...

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

道の駅グルメ近畿編(82)・福井県「禅の里」厚揚げの煮たの

2018.04.09.22:47

こんにちは~

道の駅「禅の里」は永平寺のお膝元だけあって、
お寺の食と関係が深いメニューがあります。
こちらの厚揚げもそのうちの1つ。
2017_05_06_IMG_1367.jpg
豆腐料理はお寺の生活で欠かすことのないタンパク源、
重要ですね。

名前が「厚揚げの煮たの」と言います。
よく京のおばんざいでは、煮物料理を「○○を炊いたん」「○○を煮たん」と言いますが
お隣の県だからか近い表現をしていますね。

地元永平寺町のお豆腐屋さん「ヤマギシ」の厚揚げを使い、
これまた永平寺町の醤油屋さん「浜田醤油味噌醸造」の醤油で炊いた
まさに地元の味。
厚揚げも醤油も白山の伏流水を使って作られています。

薄味のやさしい味わいに仕上がっています。
250円。

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

道の駅グルメ近畿編(81)・福井県「禅の里」生ごま豆腐&禅味噌

2018.04.06.20:28

こんにちは~

「禅の里」は、
曹洞宗の大本山永平寺のある町の道の駅らしく
お寺にゆかりのあるメニューがあります。

こちらは「生ごま豆腐&禅味噌」250円。
2017_05_06_IMG_1366.jpg
↑お皿の形や色合いも味があって好みです。

永平寺御用達「團助」のごま豆腐に、
これまた永平寺御用達の「越の井」の禅味噌がかかっています。

禅味噌とは…
昔この辺りは冬、雪に閉ざされ食料もなかなか手に入りませんでした。
そこで大根やなすなどの野菜を米味噌と煮詰めて長期保存可能にし、冬をしのいだそうです。
保存食、先人の知恵ですね。
味噌を食べても野菜が入っているのは気付きませんでしたが、
粗めに潰したゴマが入っていてプチプチした食感が楽しめました。

勿論、ごま豆腐もゴマの香りが良く美味しくいただきました。
この「團助」というごま豆腐屋さんは、
永平寺に行く途中に観光バスが止められるような大きくてきれいな直売所があり、
また参道のお土産屋さんでもここのごま豆腐を見かけました。
永平寺町を代表するお土産と言えるでしょう。

因みに…「ごま豆腐」ではなく「生ごま豆腐」と書いてあるのは
パック詰めの後再加熱していないから。
そうなると日持ちがせず賞味期限が当日中なので、
直売所のような所でないとなかなか買えないのだそうです。
やっぱり再加熱していないと軟らかさや味わいが違うのかもしれませんね。

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

道の駅グルメ近畿編(80)・京都府「京丹波 味夢の里」和知栗の渋皮煮パウンド

2018.03.14.21:49

こんにちは~

京のグルメ大集合の道の駅「京丹波 味夢の里」は
冷蔵スイーツもとても充実しています。
そこで見つけた栗のパウンドケーキ「和知栗の渋皮煮パウンド」。
2017_05_05_IMG_1314.jpg
栗がごろごろ入って美味しそうだったので衝動買いしました。

菓歩菓歩」という地元・京丹波町のカフェと菓子工房のお店が
出品しています。
有機栽培・無農薬の素材を使うことがコンセプト。
このケーキも、「栗・小麦粉・砂糖・卵・バター・アーモンド粉・ラム酒・膨張剤」と
家庭で作るようなシンプルな材料のみ。
余計な物は入っていません。
小麦粉は九州産、卵は京都美山産、
そしてメインの栗は同じ京丹波町の栗の匠と言われる生産者さんが育てています。
低い樹で、よく日光に当たって育った栗の実は
大きい上に味も香りも風味も良い最高のものになるそうです。
2017_05_05_IMG_1315.jpg
実はこのケーキ、450円とかなり高めです。
生ケーキ1個余裕で買えちゃう…
しかし栗は超高級品を惜しげもなく使い
更にはなるほどと思える上品な味、
バターや砂糖も上質な物を使っているのではないでしょうか。

栗のお菓子というとやけに甘過ぎるのが多くて
私はあまり得意ではないのですが、
これは甘さ抑え目で本当に素材を味わえるお菓子になっています。
上に書いた通り保存料等余計な物が入っていないので、
要冷蔵・期限も短い(5~6日)です。
特に旅行中はパウンドまるごと1本だとちょっと手が出ませんが
1切れくらいならちょっと贅沢もいいかな、と思います(*´艸`*)

theme : グルメ♪食の記録
genre : 旅行

プロフィール

もるもる

Author:もるもる
道の駅全国制覇を目指す日々を綴るブログです♪
旅行記、オススメなもの、攻略法などを中心に書いていきます。

訪問数 1110駅/1145駅

つぶやき
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター

リンク
トリップアドバイザー
QMUC
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。